読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガクショウ印象論壇

同人誌用の原稿ストックを目的として、ラノベ読んだメモなどを書きちらすブログです【ネタバレだらけ】

夢・地元・グローバル μ'sとUVERworldとインド映画

■青春聞こえてんのかオラッ!きっとじゃ困るんだよオラッ! この間、『ラブライブ!』のアニメを全部見たんすよ、ラブライブ!。二期じゃなくて無印。地上波が完全に終わってからだったので、何らの情感をも周囲と分かち合うことなく、真空状態の中で私VSμ's…

アニメーション映画『ハル』感想 ヒューマニズムの危うい均衡

だいぶ前(本当にだいぶ前)、細谷佳正、日笠陽子主演の中編アニメーション映画、『ハル』の試写会に行ってきました。監督は『四畳半神話体系』などの絵コンテをやっていた牧原亮太郎、脚本は『野ブタ』(古いか)とかの木皿泉。あと大事なことですが、サブ…

GRANRODEOの『RIMFIRE』=反原発という妄想

声優の谷山紀章さんことKISHOWが取り組むGRANRODEOの新曲『The Other self』が発表されまして、黒バス二期のOPになり、作画なんか凄いを通り越して気持ち悪い(凄いを通り越さなくてもとりあえず気持ち悪い)感じで非常に良いのですが、それをほわーっと見て…

さくら荘のSAPな彼女 ――朝まで生ソシャゲFINALと天才不要論と大人気ソーシャルゲーム「硬水のボルヴィック」

こないだ、『朝まで生ソシャゲ!FINAL~コンプガチャ後の世界 激動の一年を振り返る』っていう仰々しい名前のトークイベントがありまして。こないだつっても、4月のことなんで、もう2ヶ月も前ですけど……。僕も仕事的に関係あるっちゃある(…無いっちゃ無い……

ハードウェアとユーザ体験のこと(いわゆるはてなのクソ的な記事)

ほんの半年前まで、人々は「プラットフォームの制御可能性を高める為には連動したハードウェアの構築が必須」とかドヤ顔でほざいてたと記憶しております。念頭にあったのはiTunesソリューションとiPhoneであって、Amazonの「黒船()」ことkindleであって、だ…

乙女ゲーというサバルタン 岩崎大介と声優とキャラソンを取り巻く環境について

1、声優の現在 いきなりですが、男性女性問わず、いまや声優を取り巻く言説環境は、極度に重層化した、ハイコンテクストな世界になっています。 たとえば釘宮理恵の声は、今となってはもはやその声紋単体で「ツンデレ」以外の何物でもなく、もし釘宮が今さ…

アクセル・ワールド試論 ハルユキの3人の母と3人の父、合計5人の親たち

0、序論 今から述べることは、「こういうオチだったら嫌だな」という話なのですが……『アクセル・ワールド』を読んでいる間、我々は「加速世界」をリアル世界の上に貼り付けられたARだと思っています。つまり加速世界は「リアル世界」にとっての付属物、世界…

ハラスメントフラグ! そういうのもあるのか ~その……で、できるの……? SAOの中で……?

記事を読んでいただいたかたから、「SAOちゃんと読めやボケ」というつっこみをいただきました。いやぁ、反応があるって本当にいいもんですね。すみません。あらかじめ当該記事でも断ってはいるのですが、無論ちゃんと読んでいませんでしたので、特に食事関係…

川原礫における食品表現と、あとイジメ

『アクセルワールド』と『ソードアートオンライン』は、どちらも同じ作者によるオンラインゲーム小説という共通項がありながら、というか、あるがゆえに、多くの箇所ではっきりとした対照性を持っているように思います。その1つとして、今日は食品に関する表…

安易な世代論と古今東西文学者聖杯戦争 奈須きのこと佐々木中の類似性

何気なく河出書房新社のHPを見ていて、佐々木中の新刊(それも小説第2弾)が昨年末に出ていたことを知りました。これが、あの、『しあわせだったころしたように』というんですが、概要を読んでみると、その、どうも「ころしたように」は「頃、したように」…

2012年の夏はゾンビがアツい

定期的にロメロブームというのは来ますし、それでなくても新しいゾンビ映画が公開されるたびに映画秘宝などが全力で取り上げたりするものですから、なんだか年がら年中大小ゾンビブームが起こっているような錯覚も覚えますが、マイアミゾンビとかいう本物の…